アリサ、ルツについて 

アリサ(アリサ・ランディール)
…初代ファンタシースターの主人公。RPG初代女性主人公でもある。アリサが動くきっかけになったのは兄の死亡(ラシークの兵士に殺された)から、恐怖政治をするラシークに対抗するために仲間を集めて対抗することになる。ラシークが恐怖政治するようになったのは様々な説があるが、ダークファルスの影響といった方が妥当であろう。モタビア星でミャウとルツを、パルマ星でタイロンを仲間にして、ラシークに対抗できる勢力を整えた後、パルマ星のエアキャッスルでラシークを討伐したことで英雄として扱われた。

元々アリサの父はパルマ王で、パルマ星の政治の中心にいた。しかしパルマ王の死亡によりラシークが臨時で王になるも、邪悪な力に支配されたことで恐怖政治をはじめ、アリサがラシークを討伐して、モタビア総督をダークファルスから解放したことで、モタビア総督の助言で父の後を継ぎ、女王となった。

2の主人公であるユーシス、4の主人公であるルディはアリサの血統である。


住所:アルゴル太陽系パルマ星のカミニート居住区(神ニートではない)
戦術:ソードとマジックを扱う(マジックは補助メイン)
最強武器:ラコニアンソード(≒後々のアリサの剣)
PSOで登場したラコニアンアクスと同じ系列の武器?(しかし過去作には登場していない)
初めてダークファルスを倒したのに、なぜか知名度が高くない。

登場作品:
Phantasy Star 1(主人公)
Phanatsy Star 2 (主人公の夢(悪夢?)で登場)
Phantasy Star 4 (エルシディオン入手時に登場)
Phantasy Star Generation(主人公)
ファンタシースター外伝(この作品はノータッチ…)




ルツ(本名は説が多いのでカット)
…初代ファンタシースターではアリサのパーティーとして登場した修行中のエスパー。モタビア星にいるタジムを師匠としている。豊富なマジック、MPを駆使してアリサとともにラシーク、ダークファルスを討伐する。女王の仲間として地位は高い。

帰らざる時の終わり(=2)ではコールドスリープで約千年前から眠りについていた。物語の後半でユーシスを導く重要人物として登場する。戦闘には参加しないものの、ユーシスを宇宙船ノアに転送する、ユーシスの味方を転送するなどユーシスのバックアップ的な役割をしていた。

千年紀の終り(=4)ではルツはもうすでに死亡しており、ルツの持っている意思をスレイに託されている。(しかし性格は不一致)

一説によればマジックは一般人が扱えるものではないため、一般人でも扱いやすいようにテクニックを開発し広めたという説がある。


住所:アルゴル太陽系モタビア星のマハムの洞窟(初代)
    アルゴル太陽系テゾリス星のエスパーの館(2)

戦術:杖を使ったマジックがメイン

最強武器:サイコウオンド
初代では「サイコウォンド」ではなく「サイコウオンド」と表記

登場作品:
Phantasy Star 1
Phanatsy Star 2
Phantasy Star Generation
Phantasy Star Generation 2
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment

Designed by Akira.

Copyright © 気ままな日記帳 by X-W@10ship All Rights Reserved.